口コミ・レビュー・評価でコエンザイムQ10を探す

CoQ10について投稿して頂いた評価とご意見をまとめました

スマホメイン
画像
画像

  • 大
  • 中
  • 小

コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10は全身すべての細胞に存在していて、特に心臓と肝臓、腎臓に多く含まれている物質です。
日常生活を送るために必要なエネルギーを作り出していて、コエンザイムQ10はその働きを助けている補酵素です。
酵素は、体内で物質を分解や合成をするときに働く重要な物質であり、補酵素は体内で酵素を助ける役割をしています。
コエンザイムQ10は、細胞が栄養素を燃焼させてエネルギーを作り出す酵素の働きを円滑にするためには欠かせない存在なのです。

コエンザイムQ10が初めて発見されたのは1957年で、クレーン博士が心臓の細胞のミトコンドリア内にオレンジ色の物質があると発見し、それがコエンザイムQ10でした。
水にはほとんど溶けず、匂いや味はありません。
別名がユビキノンと呼ばれ、ラテン語が語源となっています。
コエンザイムQ10は、動物や植物など多くの生物の体内に存在していて、生物には不可欠な物質です。

コエンザイムQ10はまた、ビタミン様作用因子とも言います。
微量の栄養素しかないために生体内で生合成されないのでビタミンの定義に当てはまりはしませんが、ビタミンと同様の働きをしている故にこのように呼ばれています。

人間の体内にある全ての細胞にコエンザイムQ10は存在していますが、組織によってその濃度は異なります。
特に心臓に多く含まれ、不足すると心臓に影響が出やすくなると言われています。
その他に、脳や腎臓、肺やすい臓、歯周組織、免疫系などもコエンザイムQ10が不足すると影響が出ると言われていて、多くの器官においてもコエンザイムQ10がいかに必要かがよく分かります。

もともとコエンザイムQ10は、私たち人間の体内で合成されている物質であり、不足してしまうと生死に関わるほど重要なものであり、コエンザイムQ10がないと効率的に細胞がエネルギーを燃焼することができません。
このことにより、コエンザイムQ10は体を細胞レベルから活性化を促進するため、健康の維持や増進に加えて、アンチエイジングやスポーツでもその効果が注目されているのです。
これらのコエンザイムQ10の安全性や、コエンザイムQ10が持つ抗酸化作用についての解説も大変興味深いので、ぜひご覧ください。


↑こちらにはコエンザイムQ10と病気との関わりについてかいてあります。

人気のCoQ10の口コミ

~ MENU ~

~ おすすめ ~

Copyright© 2010 CoQ10 Review All Rights Reserved.